フラット35Sの20年優遇タイプとは?

フラット35Sの種類の一つに20年優遇タイプというものがありましたが、現在ではフラット35Sの20年金利引下げタイプというように名称が変わっています。
20年もの間金利が優遇されるというのは、利用者にとってはとても有難く是非利用したいと思う方も多いかと思いますが、その分条件も厳しくなっています。
10年優遇のものよりも等級を上げた条件になりますので、建築にかかる費用も大きくなるでしょう。
そのため、これから家を建築するという場合には金利の優遇だけに捉われずに、建築にかける予算をしっかりと考えていく必要があると言えます。
せっかく金利が優遇されても借り入れ額がかなり多くなってしまえばあまりメリットは感じられないかも知れません。