減量とリバウンドの仕組み

リバウンドと減量との間には、明確な関係性があります。リバウンドが発生するのは、減量がきっかけになって生体恒常性機能が活動するためだといいます。リバウンドが起きる背景にあるものを、ひもといてみましょう。リバウンドの背景にあるのは、生体恒常性機能という体の働きです。これは、外部環境が変わっても生命活動を営み続けるためのものです。

生命維持に必要なカロリーは、本来は食べ物から得るものですが、減量目的などで食事を少なくすると体は非常時と判断して生体恒常性機能を作動させます。極端な食事制限を自らに課したにもかかわらず、一向に体重は落ちずに苦しいばかりだったという方はいるようです。まさに生体恒常性機能が働いて、食べ物の吸収力をあげて消費エネルギーが減ってしまった為に起こった現象なのです。

そのため、摂取カロリーが少なくとも体重が減りづらくなり、リバウンド体質になってしまうというわけです。減量をする際はリバウンドをしないような体作りや、リバウンドしないダイエット方法を実践する必要があります。