住宅ローン金利の今後はどうなっていく?

住宅ローン金利の将来を予測するのは、経済の専門家でも難しいと言えます。しかし、現在までの状況を見ると急に住宅ローン金利の金利があがることはなさそうです。将来を予想して設定するのが住宅ローン金利の金利なので、将来像は現在の金利に織り込み済みということですが、唯一の例外が全期間固定金利です。現在は変動金利が安く返済額が低くなるので、住宅を購入する時や建築するときの不動産会社や建築会社は買いやすいように変動金利を勧めるケースもあるようで、中には変動金利が上がったら固定金利に変更すれば良いという人もいますが、実際には自ら高い返済額に替えることは中々出来ません。どんなに早く反応してもきずいた時には長期間の固定金利は大分上がっているでしょう。