住宅ローンを組む際は金利の比較が大事

住宅ローンは元金が同じでも金利が違えば、何十年にも渡って返済するローンなので、返済総額は大きく違います。
どのようなローンを組むかによって大きく違いますので、比較対象としては答えの出る、固定で比較しましょう。
金融機関では固定と変動の二つのローンの組み方と、その二つを合わせたミックスローンというものも有ります。
将来の金利の変動を予測するのは不可能なので、固定で考えるのがいい方法でしょう。
今は住宅ローンは固定で組んでもかなり低く組む事が出来ます。
しかし、金融機関の中でも微妙に差が有ります。
なるべくローンの支払い総額を抑えるために、低い金融機関で借りるのがベストです。
そこでローンが組めないとしても、色々な面から比較して低い順から審査に申し込んで、その通った住宅ローンで急いでローンを組みましょう。
金利はあくまで借りる時のものなので、申し込んだ時より高くなっている可能性は有りますが、なるべく今低い所で申し込めばそんなに大きく上がっていることは有りません。