「ミックスローン」とは?

通常住宅などのローンを組む際には「固定金利」か「変動金利」を選択して契約します。
「ミックスローン」とはそれらを組み合わせて契約することです。
「固定金利」では契約時の金利は最後まで変わりません。
例えば、金利が上がったとしてもその影響は受けません。
契約時の金利のままで良いわけですからその分安く済んでいることになります。
逆に、金利が下がったとしても同じように下げてはくれません。
「変動金利」の場合は金利の変動が直接影響します。
契約時より高くなれば支払う利子が増えます。
どちらもメリット・デメリットが景気状況によって出てきます。
特に住宅ローンは金額も大きく期間も長期なので家計への影響も大変大きなものです。
そこで両者を組み合わせたのが「ミックスローン」です。
どのような割合で契約するかにもよりますが、景気や金利の変動によるメリットが減る代わりにリスクの軽減が図れるのです。
但し忘れてならないのが、契約における諸経費です。
あくまでもそれぞれの契約を結ばなくてはなりませんので、手続きにかかる手間や諸経費はその分かかります。
それも念頭に置いて検討しましょう。